天気予報よりも正確な頭痛

天気予報よりも正確な頭痛

 私は、いい天気だったのに突然雨が降りそうだという時や雨予報の前日に頭痛になります。こめかみあたりが突然ズキズキしはじめて、ひどい時には吐き気までします。一度、痛みだすとそのままにしていても治ることはないので薬に頼るしかありません。

 自分の頭痛には雨が関係しているということが分かっているので、「もしかして降るのかな」「今日、雨予報だったかな」とまずは雨を疑います。大抵は痛み出した後に降ってくるので「やっぱり」という感じです。家族や同僚に「天気予報より当たるよ」と苦しい中で自慢気に話しているので周囲からも「雨ですか?」「当たりましたね」なんて言われるようになりました。

 20代だった時は、仕事で疲れがたまってきた時に頭痛が起きていたのですが、30歳を過ぎてからは気圧のせいなのか天気が関係してくるようになりました。薬に頼らずとも治らないのかと思いギリギリまで我慢してみたり、肩を揉んでもらったり、お風呂に浸かったりと色々試してみましたがどれも効きませんでした。

 寝て起きれば治っているのかと思い、眠ったことも何度もありますが起きてからの痛みは変わりません。結局、痛みが増すだけなので市販薬をすぐに飲むようにしています。今のところ、飲めば一時間もかからずに痛みは消えているので病院に行ったことはありません。

 晴れていても天気が崩れてしまったり、夏は特にお天気雨や夕立が多かったりするので、外出先には必ず市販薬を持って行くようにしています。私の生活に天気予報と頭痛薬は欠かせません。

↑ PAGE TOP