救急箱には頭痛薬を3箱以上常備しています

救急箱には頭痛薬を3箱以上常備しています

 我が家の救急箱に入っているのは絆創膏と市販の頭痛薬だけです。これだけで特に困ったことはありませんが、頭痛薬だけは切らさないように3箱以上入っています。それは私が頭痛持ちだからです。

 20歳を過ぎた頃から頭痛に悩まされるようになりました。どんな時に何が原因で頭痛が起きるのか、頭痛が起きる度に自分なりに検証してみるのですが、40歳を過ぎた今でも未だにはっきりとしたことは掴めないでいます。唯一認識しているのは頭痛がする時は肩や首も凝って痛いことが多いということだけです。

 私の頭痛は、大抵こめかみの辺りがズキズキと痛くなり、動けなくはないけれどできれば動かずにじっと横になりたいという感じです。横になれば2~3時間で治ることもありますが、そうそう横になってもいられず、薬を飲まなければ何時間でも痛みが続きます。そのため大抵頭が痛くなったら頭痛薬のお世話になります。

 薬を飲めば30分から1時間もすればひとまず痛みはおさまります。ただし私の場合薬を飲むと副作用が出ます。一番ひどかったのは、腕や腿の裏やお腹など、皮膚の柔らかい部分に発疹が出てかゆくてたまらなくなりました。市販されている頭痛薬を色々と試してみて、今飲んでいるものが一番副作用が少ないのですが、それでも飲むとムカムカして気持ち悪くなります。

 頭痛と引き換えにあのムカムカを我慢しなくてはならないのかと思うと薬を飲むのをためらう程です。まあ大体は頭痛の方が辛くて飲むことになるのですが。以前、週に何度も頭痛が起きていた頃は病院へ行くことも考えましたが、市販薬で乗り切っているうちに最近では頻度が減ってきて、今は月に3~4回といったところでしょうか。

 数年前に始めたヨガのお陰かもしれません。しかしもし今後また以前のように頻繁に頭痛がするようであれば、年齢も重ねてきたことですし、病院で診察してもらおうと考えています。

↑ PAGE TOP