共存している私の偏頭痛

共存している私の偏頭痛

 25歳、専業主婦をしています。私の頭痛は常日頃、やってきます。特に雨の日が多いようで、洗濯のためでも犬の散歩のためでもなく、頭痛のために天気予報を見ることが日課になってしまいました。頭痛が始まってしばらくすると、回りが暗くなって見える視界が狭くなり、心臓がバクバク音を立て始めます。

 そして頭全体、頭蓋骨が割れるように痛くなるのです。これは薬を飲んで効果が出るまで何時間でも続きます。もちろん家事も仕事も出来ず、布団にもぐって嵐が去るのを待つばかりです。頭痛に悩まされ始めたのは小学生の頃からです。当時は母親に連れられて病院に駆け込みましたが、先生の診断はよくある「偏頭痛」ということでした。母親も偏頭痛持ちだったので、遺伝ということもあるのかもしれません。

 それからは、市販の薬でやり過ごす日々です。市販のものでも効くものと、全く効かないものもありますが、正直薬がなければここまでやってこれなかったと思います。私の場合、前触れがあります。いきなりズキーン!と痛みがくるのではなく、こめかみのところを誰かにギューッと押されているような感覚から始まるのです。

 その時点で薬を素早く飲めば、なんとか「頭が痛い」というぐらいで治るのでそのタイミングは逃せません。そうして学生時代、社会人生活は普通に過ごすことができましたが、現在専業主婦。夫婦共にいずれは子どもがほしいと思っているのですが、妊娠中は薬が飲めないので正直不安で仕方がありません。

 病院の先生にはきちんと相談して、しっかりと処方された薬でなんとかできればと思っています。

↑ PAGE TOP